購入とレンタルがある

新郎

結婚式を挙げる場合、花嫁のウェディングドレスが注目されがちですが、花婿のタキシードも重要な要素です。ウェディングドレスと同じく、購入とレンタルがあるので、自分たちの結婚式に合ったほうを選ぶようにしましょう。花嫁が主役なのでどうでもよいと考える花婿もいるでしょうが、女性側はすべてをこだわりたいと考えているかもしれないので、きちんと話し合うことが大切です。

身体にピッタリものを選びたいなら購入

新郎

自分の身体に本当にピッタリのものを選びたいのなら、結婚式のタキシードは購入することを考えましょう。レンタルでも少しのお直しをしてもらえる場合もありますが、限界があるため、身体にピッタリとフィットさせるのは無理です。

安く済ませたいのならレンタル

タキシードは安くてもよいと結婚式挙げる二人の意見が一致しているのなら、タキシードはレンタルしてしまいましょう。身体にピッタリとはいえませんが、いろいろなサイズとさまざまなデザインのタキシードがあるので、こだわりがなければ満足できるはずです。

レンタルするなら持ち込み料に気をつける

結婚式場以外でタキシードをレンタルした場合、持ち込むための料金が発生することがあります。その価格は、数万円を超えることも珍しくはなく、購入したほうがよかったと感じてしまう料金の場合もあるので、事前に確認しましょう。

広告募集中